2014年5月31日土曜日

犬は吠えるがキャラバンは進む

昔の小沢健二のアルバムのタイトル(良いアルバムでした)として知っていたことわざ。中東のことわざだそうですが、意味は最近ようやく知りました。良いことわざですね。

自分は何もせず(あるいはできないのに)他人の批判ばかりする人間と、実際に事を成すことのできる人間の違いでしょうか。科学においても大きな違いです。

2014年5月27日火曜日

自分はまだまだ

2週間くらい前のことですけど、超一流の研究者と自分との能力の違いを思い知りましたな。

上をみればキリがありませんが、さすがにすごいなと。
ちょっとでも近づきたいです。

2014年5月22日木曜日

不思議惑星

若田さんの乗ったソユーズのカプセルがカザフスタンの草原に帰還した写真って、かなり「キン・ザ・ザ」っぽいと思いません?

2014年5月17日土曜日

"ときかけ"のこと

 細田守の『時をかける少女』、DVDで見たのですが面白かったです。

『おおかみこどもの雨と雪』も好きな作品ですが、細田氏の作品には「アニメにはこんな表現もできるのか」とひそかに驚嘆させられるシーンが、一つの作品のなかに必ず2、3カ所はあります。

そういう作品を見ると、なんだか希望がもてますね。

2014年5月16日金曜日

さきがけ領域会議終わりました

5/11-13にかけて伊豆で行われた、さきがけ領域会議が終わりました。

なんかいつもながら刺激を受けて、またがんばろうという気になりましたな。
ほんと、さきがけの集まりは研究のユートピアという感じです。

ちなみに来月は北海道で新学術「記憶ダイナミズム」の班会議、再来月は宮城で新学術「マイクロ精神病態」の班会議の予定です。今年度はこの種の会議に合計6回参加することになるはずなのですが、これは参加するだけでも(=もれなく研究発表の機会がついてきますので)大変ですね。