2014年4月23日水曜日

パートタイマー募集

今年度採択になった、新学術領域「多様性から明らかにする記憶ダイナミズムの共通原理」の公募研究課題「海馬における動的な記憶情報表現の可視化とそのメカニズムの解明」のデータ解析支援または補助をしていただけるパートタイマーの方を1名募集します。

詳しい情報はこちらをご参照ください。

2014年4月19日土曜日

研究所グッズ

今日は毎年恒例の研究所の一般公開日です。

最近世の中の皆様からの関心が高いこともあり、特に今年から売り出された理研グッズがメディアでもとりあげられて人気のようです。ちなみに私は手ぬぐいを自宅用に買いました。

2014年4月12日土曜日

科研費データベース

いわゆるKAKENというデータベースで、更新は例年もっと遅かったと思うのですが、今年は今年度採択分の情報が既にアップデートされています。

かつて寺山修司は「電話帳は詩集よりも詩的だ」みたいなことを言っていましたが、このデータベースも、研究者の悲喜こもごもというか、人生が凝縮されていますね。

しかし、研究費って、もらっている人は結構もらっているんだな〜、と。 すごいですね。

2014年4月6日日曜日

さきがけ専任になったわけ

一番大きな理由は「自分の看板で研究ができる」ということですね。「自分の力を試す」という意味でもあります。

それから理研の研究員のポジションも任期制だったので、そもそも任期制の職を2つ兼任していることに、あまり意味はなかったということもあります。それで5年勤めたのを期に(理研の研究員職はいちおう最大5年の任期ということらしいので)退職することにしました。
  
ビジネスの世界でも、ある程度のキャリアを積んだ社員が「大企業の社員のままでいるか、ベンチャーを起こして起業するか」という選択はよく聞かれますが、私はやはり後者のほうがしっくりくる人間のようです。「鶏口牛後」ですかね。

残り任期2年の間には次の職も決めないといけないのですが、研究者として堕落しないよう、あえてリスクに身をさらして自分を鼓舞していきたいと思っています。

2014年4月1日火曜日

さきがけ専任になりました

2014年3月31日付で理研を退職し、4月1日からJSTさきがけ専任研究者となりました。

とはいっても、当面の研究は理研で継続します。科研費の課題もありますので(そういえば今日は内定通知の日でした)、そちらは客員研究員の身分で実施することになります。

今後もより一層のご支援をよろしくお願いします