2013年7月27日土曜日

無人島にもっていきたい小説

一時亡命を希望してモスクワの空港に足止めさせられている元CIA職員のもとに、弁護士からドストエフスキーの『罪と罰』が差し入れられたというニュースがありました。

イラクのフセイン元大統領の隠れ家にもあったという『罪と罰』ですが、私がもし無人島に一つだけ小説をもっていっていいと言われたら、やっぱり『罪と罰』(もしくは同じドストエフスキーの『カラマーゾフ』)にするんじゃないでしょうか。

かつて黒澤明が「本当の映画は、どこの一部分をとっても「映画」になっている」と言ったそうですが(そして確かに彼の「七人の侍」はそのような条件を満たしていると思いますが)、 ドストエフスキーの長篇は、どこを読んでも金太郎アメのように、ちゃんと「小説」になっているなと感心させられます。これならおそらく無人島で何度繰り返し読んでも退屈しないでしょう。

読み手から見た良い論文

読み手は必ずしも論文を最初から最後まで読む時間があるとは限りませんから、図が一目見ただけで瞬時に理解できるように(=レジェンドさえも読まないで済むように)工夫されている論文を見ると、著者に感謝したい気分になります。

本文を拾い読みするときも、欲しい情報がどの段落に書かれているかわかりやすい(=「一つの段落に一つの内容」の原則が守られていて、段落の最初の文を読むと、以下に何が書いてあるか瞬時にわかる)論文はありがたいですね。そういう論文は、読み手の時間と労力を節約してくれています。

2013年7月21日日曜日

あの学校の競争率

数多くのスターを輩出し、競争率が高いことで有名な宝塚音楽学校の倍率は、例年20倍程度、過去最高でも50倍弱だそうです。

これって、最近の研究界における一部の研究費や求人公募の倍率を考えると、意外と低い気がしません?

2013年7月18日木曜日

偉大な研究者の回想録

多くをなした偉大な研究者が、昔の個人的な思い出をつづったエッセイを読むのは大変面白く、また研究の歴史を知る上でも価値があります。

そのようなエッセイで、例えば私が読んで面白かったものには、以下のようなものがあります。

Hubel DH, Wiesel TN.
Neuron. 1998 Mar;20(3):401-12.
McNaughton BL. 
Philos Trans R Soc Lond B Biol Sci. 2003 Apr 29;358(1432):629-34

2013年7月17日水曜日

良い研究に必要なもの

 一人でじっくり考える時間でしょうか。最近は早朝、家族が起きてくるまでの時間か、仕事の合間の昼食の時間を充てています。

世の中に、「一生懸命働くこと」を奨励する研究室は多いけど、「一生懸命考えること」を奨励する研究室は少ないですね。考えている姿は、はたから見て仕事してないように見えることが一つの原因じゃないかと思うのですが、この2つを行ったり来たりすることが、良い研究には必須なんじゃないかと思います(特にシステム神経科学のような学問では)。

私が将来研究室をもつことがあれば、正確な知識をもつこと、良く考えることを基礎に据えた研究室をつくりたいですね。これは私の反省でもあります。

2013年7月11日木曜日

常に良い研究を心がける理由

特に直接声をかけられたり、メールをもらうことがなくても、自分の研究を注目して見てくれている人というのは必ずいるものです。

自分の研究のスタンダードを高く保つ理由の一つに、「つまらないことをして、そういう人たちを失望させたくない」という気持ちはありますね。

2013年7月9日火曜日

男女共同参画 次の段階

研究者の公募や助成金で、いわゆる「女性枠」というものをときどき目にするのですが、これが一巡したら、次はぜひ男性限定の「イクメン枠」というのを作ってほしいですね。

女性が子育てをしながら仕事を続けるためには、配偶者の協力が不可欠だと思うんですが、男性が安心して子育てに参加できる環境が整えば、それは間接的にその配偶者の社会進出を支援することにつながるんじゃないかな、と。

子育てと仕事の両立というと、女性の立場に立って語られることがほとんどだけど、実は働く妻をもつ男性だって、限られた時間で成果をあげるために結構苦労してるんだぜ、と。

もしそんな制度ができたら、ぜひ応募してみたいですね。

2013年7月7日日曜日

相転移

最近あることを契機に自分が少し研究者として変化した気がしますね。この変化はひとことで言えば「相転移」っていう感じです。構成要素は変わらないけど配置が変わった感じです。

「相転移」といって思い出すのは、岡崎京子の『リバーズ・エッジ』の物語のクライマックスで引用されていたウイリアム・ギブソンの詩です。このギブソンって『ニューロマンサー』のギブソンかと昔から疑問だったんですが、やっぱりそうでした。引用されていたのは日本語訳でしたが、最近見つけた英語原文を見ると、やはり英語の方が良いですね。

岡崎京子の影響で日本では有名な詩になってしまいましたが、もともとギブソンファンの間でもレア物のようです。

THE BELOVED (VOICES FOR THREE HEADS)
BY WILLIAM GIBSON

III.

THIS CITY
IN PLAGUE TIME
KNEW OUR BRIEF ETERNITY

OUR BRIEF ETERNITY

OUR LOVE

OUR LOVE KNEW
THE BLANK WALLS AT STREET
LEVEL

OUR LOVE KNEW
THE FREQUENCY OF SILENCE

OUR LOVE KNEW
THE FLAT FIELD

WE BECAME FIELD OPERATORS
WE SOUGHT TO DECODE THE
LATTICES

TO PHASE-SHIFT TO NEW
ALIGNMENTS

TO PATROL THE DEEP FAULTS

TO MAP THE FLOW

LOOK AT THE LEAVES
HOW THEY CIRCLE
IN THE DRY FOUNTAIN

HOW WE SURVIVE
IN THE FLAT FIELD

2013年7月6日土曜日

さきがけ勉強会終わりました

さきがけ「細胞構成」第2期生の有志で行った勉強会(上高地)が終わりました。

天気はあいにくだったんですが、お互いの研究の深いところまで議論できて非常に有意義な会になりました。私は、ふだんは脳研究に囲まれているので、こうした機会に幅広い生物学に触れることができるのは、(自分の視野を広く保つ上でも)ありがたいです。
 
さきがけ「細胞構成」の、こういう協力的な雰囲気は良いですね。私にとっての楽園の一つです。

2013年7月1日月曜日

論文7/1/13

Nature
Hippocampal place-cell sequences depict future paths to remembered goals
Brad E. Pfeiffer & David J. Foster

Hierarchy of orofacial rhythms revealed through whisking and breathing
Jeffrey D. Moore, Martin Deschênes, Takahiro Furuta, Daniel Huber, Matthew C. Smear, Maxime Demers & David Kleinfeld

Hypothalamic programming of systemic ageing involving IKK-β, NF-κB and GnRH
Guo Zhang, Juxue Li, Sudarshana Purkayastha, Yizhe Tang, Hai Zhang, Ye Yin, Bo Li, Gang Liu & Dongsheng Cai

Structural and molecular interrogation of intact biological systems
Kwanghun Chung, Jenelle Wallace, Sung-Yon Kim, Sandhiya Kalyanasundaram,
Aaron S. Andalman, Thomas J. Davidson, Julie J. Mirzabekov, Kelly A. Zalocusky, Joanna Mattis, Aleksandra K. Denisin, Sally Pak, Hannah Bernstein, Charu Ramakrishnan, Logan Grosenick, Viviana Gradinaru & Karl Deisseroth

Rats maintain an overhead binocular field at the expense of constant fusion
Damian J. Wallace, David S. Greenberg, Juergen Sawinski, Stefanie Rulla, Giuseppe Notaro & Jason N. D. Kerr

Distinct behavioural and network correlates of two interneuron types in prefrontal cortex
D. Kvitsiani, S. Ranade, B. Hangya, H. Taniguchi, J. Z. Huang & A. Kepecs

Behaviour-dependent recruitment of long-range projection neurons in somatosensory cortex
Jerry L. Chen, Stefano Carta, Joana Soldado-Magraner, Bernard L. Schneider & Fritjof Helmchen

Nature Neuroscience

Circadian glucocorticoid oscillations promote learning-dependent synapse formation and maintenance
Conor Liston, Joseph M Cichon, Freddy Jeanneteau, Zhengping Jia, Moses V Chao and Wen-Biao Gan

Sublinear integration underlies binocular processing in primary visual cortex
Fabio Longordo, Minh-Son To, Kaori Ikeda and Greg J Stuart
  the output of binocular neurons and enhances orientation selectivity.

Adaptation maintains population homeostasis in primary visual cortex
Andrea Benucci, Aman B Saleem and Matteo Carandini

Segregation of cortical head direction cell assemblies on alternating theta cycles
Mark P Brandon, Andrew R Bogaard, Nathan W Schultheiss and Michael E Hasselmo

Circuit level defects in the developing neocortex of Fragile X mice
J Tiago Gonçalves, James E Anstey, Peyman Golshani and Carlos Portera-Cailliau

Neural coding during active somatosensation revealed using illusory touch
Daniel H O'Connor, S Andrew Hires, Zengcai V Guo, Nuo Li, Jianing Yu, Qian-Quan Sun, Daniel Huber & Karel Svoboda

Science
Neurotransmitter Switching in the Adult Brain Regulates Behavior
Davide Dulcis, Pouya Jamshidi, Stefan Leutgeb, Nicholas C. Spitzer

Neural Decoding of Visual Imagery During Sleep
T. Horikawa, M. Tamaki, Y. Miyawaki, Y. Kamitani

Geniculocortical Input Drives Genetic Distinctions Between Primary and Higher-Order Visual Areas
Shen-Ju Chou, Zoila Babot, Axel Leingärtner, Michele Studer,Yasushi Nakagawa, Dennis D. M. O'Leary

Multisensory Control of Hippocampal Spatiotemporal Selectivity
Pascal Ravassard, Ashley Kees, Bernard Willers, David Ho, Daniel Aharoni, Jesse Cushman, Zahra M. Aghajan, Mayank R. Mehta

Neuron
The Ventral Hippocampus Is the Embryonic Origin for Adult Neural Stem Cells in the Dentate Gyrus
Guangnan Li, Li Fang, Gloria Fernández, Samuel J. Pleasure

Recombinant Probes for Visualizing Endogenous Synaptic Proteins in Living Neurons
Garrett G. Gross, Jason A. Junge, Rudy J. Mora, Hyung-Bae Kwon, C. Anders Olson, Terry T. Takahashi, Emily R. Liman, Graham C.R. Ellis-Davies, Aaron W. McGee, Bernardo L. Sabatini, Richard W. Roberts, Don B. Arnold

Hippocampal "Time Cells": Time versus Path Integration
Benjamin J. Kraus, Robert J. Robinson, John A. White, Howard EiMichael E. Hasselmo