2013年6月27日木曜日

論文6/27/13

PNAS
Generation of induced neurons via direct conversion in vivo
Olof Torper, Ulrich Pfisterer, Daniel A. Wolf, Maria Pereira, Shong Lau, Johan Jakobsson, Anders Björklund, Shane Grealish, and Malin Parmar Science

Emergence of Individuality in Genetically Identical Mice
Julia Freund et al.

Current Biology
Locomotion Controls Spatial Integration in Mouse Visual Cortex
Asli Ayaz, Aman B. Saleem, Marieke L. Schölvinck, Matteo Carandini

Neuron
Imaging of Neural Ensemble for the Retrieval of a Learned Behavioral Program
Tazu Aoki, Masae Kinoshita, Ryo Aoki, Masakazu Agetsuma, Hidenori Aizawa, Masako Yamazaki, Mikako Takahoko, Ryunosuke Amo, Akiko Arata, Shin-ichi Higashijima, Takashi Tsuboi, Hitoshi Okamoto

Nature Methods 
Whole-brain functional imaging at cellular resolution using light-sheet microscopy
Misha B Ahrens, Michael B Orger, Drew N Robson, Jennifer M Li and Philipp J Keller

Frontiers in Neural Circuits 
Two-photon calcium imaging during fictive navigation in virtual environments Misha B. Ahrens, Kuo Hua Huang, Sujatha Narayan, Brett D. Mensh, and Florian Engert

Cell
Dynamics of Hippocampal Neurogenesis in Adult Humans
Kirsty L. Spalding, Olaf Bergmann, Kanar Alkass, Samuel Bernard, Mehran Salehpour, Hagen B. Huttner, Emil Boström, Isabelle Westerlund, Céline Vial, Bruce A. Buchholz, Göran Possnert, Deborah C. Mash, Henrik Druid, Jonas Frisén

2013年6月26日水曜日

特殊文字つきファイル名のファイルを削除する

Emacsなどのテキストエディタが異常終了した場合、#ファイル名#のようにファイル名がシャープでくくられた自動リカバリ用のファイルが生成されることがありますが、#はシェルのコメント記号なので、rmで削除したいときには ' または ” などのクオーテーションマークでファイル名全体をくくるか、バックスラッシュの後にファイル名全体を書くと、削除することができます。

学会おわりました

京都の学会でのシンポジウムは無事終わりました。

当日は多くの方々にご来場いただき、終了後には何人かの著名な先生方に面白かったと声をかけていただいて、大変うれしく思っています。

2時間ほどの小さなセッションでしたが、提案書の作成から始まって準備はほぼ1年がかりでした。当日が近づくにつれて調整や連絡の業務も増えてくるので、思っていたほど楽な仕事ではなかったのですが、機会があればまた別のテーマでオーガナイザーをしてみたいですね。

外国人スピーカーのS.L.博士とは、理研でセミナーをしていただいた後、一緒に新幹線で京都入りし、研究に関するさまざまな話をすることができました。私は海馬の分野では新参者なので、彼からは非常に学ぶことが多かったです。


2013年6月8日土曜日

お知らせ その7

6月20日に京都で行われるNeuro2013で、企画シンポジウム「海馬-嗅内皮質系における認知記憶情報のダイナミクス」のオーガナイザー兼、「生体における海馬神経回路活動の可視化」と題するトークのスピーカーを務めます。

たくさんの皆様のご参加をお待ちしています。

よろしくお願いします。

2013年6月7日金曜日

ssh接続でシェルスクリプトからmatlabスクリプトを実行するとき

ssh接続したサーバでシェルスクリプトからmatlabスクリプトを呼び出して実行したいとき、例えば、

「matlab -nodisplay -nosplash -r "mファイル名"」

と書いたシェルスクリプトを、nohupを用いたバックグラウンドジョブとして実行したいときがあると思うのですが、このとき標準入力を閉じておかないと、“bad file descriptor"というエラーが無限に繰り返し表示されたログ(放っておくと数十GBになってしまうことがある)が返されることがあります。

このようなときは忘れずに、
「nohup シェルスクリプト名 </dev/null &」
 として実行しましょう。