2013年3月29日金曜日

幻想的な風景

研究所の近く、和光樹林公園と朝霞駐屯地の南側の道路に結構な長さの桜並木があるのですが、満開の今の時期、車の通りの少ない夜に走っていると大変幻想的な気分になります。

2013年3月19日火曜日

理想の研究体制

生理学ではまだ結構多く見かけるのですが、私がアメリカで書いた論文のように、著者が自分とボスの2人だけ、というのが本来は一番良いですね。

英語で言うと"jump on the bandwagon"、日本語で言うと「おみこしワッショイ」のように、どんどん著者の数が増えてくるというのは、本来はあまり好ましいことではありません。だんだん科学から離れて「政治」になっていく気がします。良い研究をするためにはチームは少数精鋭で、というのが原則でしょう。