2011年12月31日土曜日

2011年12月26日月曜日

かっこいい防音壁

バタフライスツールで有名な工業デザイナーの柳宗理氏が亡くなったそうです。東名高速の東京料金所の防音壁は、実は彼のデザインによるものだったと報道で初めて知りました。昔から通る度にちょっと気になる構造物だったので、なるほどと納得です。

2011年12月24日土曜日

今年のリコーダーフェア

今日は夕方から毎年恒例のヤマハ銀座店のリコーダーフェアに行ってきました。

いつも使っているアルトの音程が悪くなっていたので持ち込んで調整してもらったんですが、上部管のブロックの部分が膨張して息が入りにくくなっていたそうなので、これを少し削ってもらって息がちゃんと入るようになったら、楽器の鳴りが良くなって、音程も直りました(音はまるで別の楽器になったかのように、はっきりと改善されました)。

音程の狂いって、今まで指穴の位置が適切でないために起こると思っていたので、これは目からウロコでしたね。やはり職人の技というのはすごい。

2011年12月23日金曜日

カセットデッキの修理

昔のA&DのGX-Z9100を分解して修理しているのですが、これは私のような素人にはちょっと難しいです。

2011年12月22日木曜日

運転免許の更新

前回は外国にいたのでうっかり失効させてしまい、一時帰国の際に運転免許センターまで行って復活させました。そのせいで、せっかくゴールドだった免許がノーマルに戻ってしまったのですが、今回の書き換えで、やっと再びゴールドに復活しました。これで自動車保険も、ちっとは安くなるといいんですがね。

それはそうと、5年ごとの更新ってなんだか研究のサイクルとほぼ同じ周期だと思いません?次の更新時ってどこで何をしているんでしょうね。

2011年12月14日水曜日

めでたし

今日はおめでたいことが2つ重なって、家族でお祝いをしました。めでたしめでたし。

2011年12月6日火曜日

顕微鏡の迷光対策

LCDモニタで視覚刺激を提示するような実験を行う場合、モニタからの光が顕微鏡内に入って画像にノイズを生じることがあります。

こうした迷光の多くは対物レンズから入るのですが、顕微鏡をよく見ると、パーツとパーツの間に微妙な隙間があって、そこから光が侵入していることもありますね。

こういう場合、懐中電灯で顕微鏡を外から照らしながら、地道に隙間を探していくことになります。電気生理のノイズ取りと一緒で、怪しい箇所を覆って画像のノイズが減るかどうかをひとつひとつ確認し、これをノイズがほぼなくなるまで繰りかえします。

隙間を覆うには小さい場所なら単にテープで目張りをしてもいいですが、もし広い面を布のようなもので覆いたいのであれば、ソーラボの"Blackout Fabric"を使うか、もしくはもっと柔らかい布がお好みなら、ユザワヤのような手芸屋で売っている「ハイミロン」が良いと思います。

2011年12月2日金曜日

研究の諸段階

研究が「計画段階」なのと実際に「データが出ている」こと、また単に「データが出ている」ことと「論文になっている」ことの間には、しばしば雲泥の違いが存在しますね。

2011年12月1日木曜日

研究で使うコンピュータは・・・

最近は法人事業部をもつ某BTOショップから買うようになりました。低価格でカスタマイズの自由度が高く、故障したり古くなったりしても、必要なパーツだけとって再利用できるのが良いですね。パーツだけ買って自分で組み立ててもいいのですが、組み立てにも時間がかかってしまうので、価格と効率のバランスがとれているのがBTOの良さと言えましょう。

こうしたパソコンはどちらかというとマニア向けのものだと思っていましたが、最近この会社が電車の中に広告を出しているのを見て、時代も変わったもんだと思いましたな。