2011年10月31日月曜日

論文10/31/11

Current Biology
Evolutionary Conservation of the Basal Ganglia as a Common Vertebrate Mechanism for Action Selection
M. Stephenson-Jones, E. Samuelsson, J. Ericsson, B. Robertson, and S. Grillner

In Vivo Optogenetic Stimulation of Neocortical Excitatory Neurons Drives Brain-State-Dependent Inhibition
C. Mateo, M. Avermann, L.J. Gentet, F. Zhang, K. Deisseroth, and C.C.H. Petersen

Reconstructing Visual Experiences from Brain Activity Evoked by Natural Movies
S. Nishimoto, A.T. Vu, T. Naselaris, Y. Benjamini, B. Yu, and J.L. Gallant

Frontiers in Neuroprrosthetics
Real-Time Position Reconstruction with Hippocampal Place Cells Christoph Guger, Thomas Gener, Cyriel M. A. Pennartz, Jorge R. Brotons-Mas, Günter Edlinger, S. Bermúdez i Badia, Paul Verschure, Stefan Schaffelhofer and Maria V. Sanchez-Vives

Frontiers in Neuroanatomy
Basal Ganglia Disorders Associated with Imbalances in the Striatal Striosome and Matrix Compartments Jill R. Crittenden and Ann M. Graybiel


Current Opinion in Neurobiology
Behavioural and cognitive neuroscience
Pages 365-367
Ann M. Graybiel, Richard Morris
面白い総説が多い号です。

Motoring ahead with rodents
Bence P Ölveczky

Neuron
New Rabies Virus Variants for Monitoring and Manipulating Activity and Gene Expression in Defined Neural Circuits
F. Osakada, T. Mori, A.H. Cetin, J.H. Marshel, B. Virgen, and E.M. Callaway

Computational Models of Grid Cells
L.M. Giocomo, M.-B. Moser, and E.I. Moser

Trends in Neurosciences
TiNS Special Issue: Hippocampus and Memory
Rachel Jurd
この号もいいですね。

What can mice tell us about how vision works?
Andrew D. Huberman, Cristopher M. Niell

Nature Methods
Cell type-specific channelrhodopsin-2 transgenic mice for optogenetic dissection of neural circuitry function
Shengli Zhao, Jonathan T Ting, Hisham E Atallah, Li Qiu, Jie Tan, Bernd Gloss, George J Augustine, Karl Deisseroth, Minmin Luo, Ann M Graybiel and Guoping Feng

Deep and fast live imaging with two-photon scanned light-sheet microscopy
Thai V Truong, Willy Supatto, David S Koos, John M Choi and Scott E Fraser

J. Neurosci
Inhibitory Dendrite Dynamics as a General Feature of the Adult Cortical Microcircuit
Jerry L. Chen, Genevieve H. Flanders, Wei-Chung Allen Lee, Walter C. Lin and Elly Nedivi

PLoS Biology
Video-Game Play Induces Plasticity in the Visual System of Adults with Amblyopia
Roger W. Li, Charlie Ngo, Jennie Nguyen, Dennis M. Levi

Accelerated Recruitment of New Brain Development Genes into the Human Genome
Yong E. Zhang, Patrick Landback, Maria D. Vibranovski, Manyuan Long

J.Neurophys.
Heuristically optimal path scanning for high-speed multiphoton circuit imaging Alexander J. Sadovsky, Peter B. Kruskal, Joseph M. Kimmel, Jared Ostmeyer, Florian B. Neubauer, and Jason N. MacLean

PNAS
Dendritic coding of multiple sensory inputs in single cortical neurons in vivo Zsuzsanna Varga, Hongbo Jia, Bert Sakmann, and Arthur Konnerth

Longitudinal evidence that fatherhood decreases testosterone in human males Lee T. Gettler, Thomas W. McDade, Alan B. Feranil, and Christopher W. Kuzawa

Inhibitory interneurons in a cortical column form hot zones of inhibition in layers 2 and 5A Hanno S. Meyer, Daniel Schwarz, Verena C. Wimmer, Arno C. Schmitt, Jason N. D. Kerr, Bert Sakmann, and Moritz Helmstaedter

2011年10月30日日曜日

仮面ライダーの素顔

私はもともと小さいときは仮面ライダーよりもウルトラマン派で、仮面ライダーの本編を真面目に見たことがなかったので知らなかったのですが、主人公の本郷猛、ショッカーによって仮面ライダーに改造される前は「城南大学生化学研究所」所属の研究者だったんですね(ちなみに、ショッカー怪人のウイルスに対するワクチンを自分で開発するエピソードもあるとか)。それにしてもIQ600とはスゴすぎる設定。ちょっと驚き。

2011年10月29日土曜日

子育ては楽し

今日、青山で子育てのイベントがあって、妻と子と久々に電車で東京に出かけました。

イベントでは、子育てしながら仕事をされている女性の話や、被災地の大船渡市で活動されている助産師さんの話など、ふだんなかなか聞くことのない話が直接聞けて、貴重な経験になりました。それから、会場近くのお店では、子ども用の本やおもちゃ、いろんな子育てグッズも見れて面白かったです。

なんか、赤ちゃん連れて街に出かけると、年配の女性に親切にされたり、同じ子育て世代との出会いもあったりして、赤ちゃんのもつ力ってすごいなと、改めて思った一日でした。

それにしても、私たちが今日利用したJRや東京メトロの駅って、エレベータが少なくて、あっても離れたところだったりして、ベビーカーや車椅子の利用者にとっては、実はあまり便利にできていないんだなあと、これは意外な発見でした。子連れで出かけなかったら気づかなかったことかもしれません。

2011年10月26日水曜日

考えながら作る顕微鏡システム

レーザーと除振台のアップグレードのために丸2日かけて顕微鏡を分解していたのですが、改造に改造を重ねて、我ながら今までよくこれだけ複雑なシステムを組んだなと。まるで極私的ワッツタワーです。

2011年10月24日月曜日

2011年10月23日日曜日

2011年10月21日金曜日

Genes, Circuits and Behavior

今日、うちの研究所で開かれたシンポジウム、スピーカーの顔ぶれも世界の一流ぞろいで、かつ、まだ未出版のデータを話してくれた人もいて、非常におもしろかったです。やっぱサイエンスというのは厳しい(=レベルの高い)ところで揉まれないと良い仕事はできませんね。あのようなスケールの大きな研究ができるようになりたいもんです。

ちなみに、これは私の極私的定義なんですが、サイエンスはまず「良いサイエンス」をすることが大事で、その上に「おもしろいサイエンス」、そしてその上に「感動するサイエンス」っていうのがあると思うんですが(あれ、これってスピーチや演奏と同じかも)、プロとして「感動」までたどり着ける人は、一流の中の、そのまた一部の人たちな気がします。彼らは本当に天才的ですね。

2011年10月20日木曜日

コンサート終わりました


演奏会、無事終了しました。打ち上げのお酒もおいしかったです。ご来場くださった皆様、ありがとうございました。

2011年10月16日日曜日

カジメン、その後2


我が家では朝食係として毎朝の朝食の支度をしているワタクシですが、今日は日曜日で時間があったので、サンドイッチ大会(ハム、タマゴ、ツナの3種類)になりました。

午後からは、いただいた招待カードを使ってアメリカに本社がある会員制の某大型小売り店に買い物に行きました。店内は大混雑でうんざりしたところもあったのですが、倉庫のような店内にはアメリカに住んでたときに見慣れた品物がたくさん積んであって、なんだか懐かしかったです。ロティスリーチキンとカリフォルニアワインその他を買って、家で冷蔵庫にあったチーズを切って乾杯しました。そうそう、夕飯は妻の炊いた栗ごはんでした。おいしかったです。

なんだか今日は食べ物の話題ばかりですが、こんなふうに家でおいしい物をたべてのんびり過ごすのはいいなあと思った一日でした。

2011年10月15日土曜日

器楽同好会 秋のコンサート

10月19日(水)午後6時から、和光キャンパス内の鈴木梅太郎ホールで器楽同好会の秋のコンサートがあります。

毎回、ピアノ、弦楽器、管楽器などなど10組くらいの演奏が聴けます。

私もリコーダーで出演するんですが、演奏曲目は、

ブラウン「無伴奏小品集」から「ラルゴと変奏」(バスリコーダー独奏)
武満徹「うた」から「小さな空」(アルトリコーダー+ピアノ伴奏)

です。

一応、所外の人も聞きに来れるはずです。よろしくどうぞ。

2011年10月10日月曜日

草津・白根へ行ってきました

連休中は両親を連れて群馬県の白根山と草津温泉にいってきました。往復で400キロほど運転しました。

白根山は紅葉は始まったばかりでした。志賀草津道路はなかなかの混雑でしたが、白根山の雄大な風景が楽しめて良かったです。ふだん首都圏に住んでいるとなかなかそういう自然に触れる機会はないですからね。

実は草津温泉は初めていったのですが、独特の風情を醸し出していて良いところですね。湯畑の源泉を中心として放射状に路地が伸びる温泉街の作りが、極私的にヨーロッパの古い小都市を思わせて、「日本にもこんなところがあったのか」と再発見した旅でした。

2011年10月8日土曜日

地道な作業

めんどくさがらずに丁寧に一つ一つ見ていくと、物事はだんだんわかるようになりますね。

データ解析の話でした。

2011年10月6日木曜日

一つの時代の終わり

不世出の革新者、スティーブ・ジョブズ氏。ご冥福をお祈りします。

先日、私が初めて買ったコンピュータの話を書きましたが、1980年代前半当時、アメリカで発売されていたApple IIeは、そのソフトの豊富さから、小学生の私にとっても憧れかつ高嶺の花のマシンでした。

当時毎月楽しみに買っていたパソコン雑誌(初期の『テクノポリス』)で、ロードランナーとかウィザードリーとか、海の向こうの名作ゲームの紹介記事を胸を熱くして読んだものです。その頃、日本でApple IIeは本体価格(=モニタやフロッピーディスクドライブ除く)35万円くらいしたんじゃなかったでしょうか(秋葉原では海賊版マシンも売られていたと記憶しています)。NECのPC-8801が22万円くらいだった頃の話です。大人にとっても結構な値段なのに、もちろん小学生に買えるわけがありません。

当時は本郷の東大の近くにアップルの輸入代理店業者(ESDラボラトリ?)があって、実物に触れるために一度父親に連れて行ってもらいました。今でも東大に行くと、ひそかにその頃のことを思い出したりします(「あれは正確にはどこだったのか?」)。本当に懐かしい思い出です。

2011年10月5日水曜日

極私的リコーダー音楽ライブラリ

こないだ実家からもってきた古い段ボールの中を整理していたら、学生のときに集めたリコーダーの楽譜がたくさん出てきました。今見ても、当時ずいぶんがんばって集めたんだなと。バルトークのハンガリー民謡集のリコーダー版とか、今買って集めようと思っても、果たして世間に出回っているかどうか。そして今後の演奏会で演奏できそうな曲もちらほら。ソロやデュエットも含めて、これでしばらく楽しめそうです。

2011年10月3日月曜日

映画版「はやぶさ」

これまで4本が製作された「はやぶさ」がらみの映画のうち、全米公開が決まった『はやぶさ/HAYABUSA』はキャストがスゴい。

プロジェクトマネージャー役の佐野史郎は、本物のご本人にそっくりです。そして文科省官僚の役と熱狂的はやぶさファンの役に小劇場演劇出身の筧利夫と生瀬勝久をそれぞれ当てたあたり、かなり「狙った」キャスティングと言えましょう。

再び解析の日々

たまったデータを解析するために、コードを一から新しく書いているところです。ちょっと本腰を入れています。

2011年10月1日土曜日

自転車生活

最近涼しくなってきたこともあって、自転車に乗る機会が増えました。秋の自転車は気持ちいいです。

職場もときどき自転車で行きますが、だいたい片道10km弱を40分くらいですね。朝、道路が渋滞していたら、車と所要時間はあまり変わらないかも。途中、荒川を渡ったり、和光市に入ると上り下りも増えて、意外と変化に富んだコースです。

自転車に乗っていて、車にない良さがあるとすれば、風の匂いがわかることです。今の季節だったら、「ここにキンモクセイが咲いているな」とか「渋滞でずいぶん排ガスの匂いがするな」とかは、車の運転席にいたら、なかなかわからないことです。自転車は自分の足の力で進むというのはもちろん、乗りながらそういう原始的な感覚が呼び起こされるのは、良いことだなと思っています。