2010年6月29日火曜日

沖縄と埼玉の暑い夏

現在、沖縄で開催中のOCNC2010。今週が最終週ということで、来週本国へ帰る海外からの参加者が、国際線への乗り継ぎのために東京に滞在するついでに理研へ立ち寄ってセミナーをしてくれます。私は去年このコースに参加したので、そこで知り合った友人の何人かは、今年もチューターとして参加しています。そういう縁もあって、私も友人のセミナーや今週末の東京での飲み会の段取りを決めたりしているところです。

来週からはBSIのサマープログラムが始まります。私もカナダのモントリオールからの学生を一人指導することになっています。彼女が初めて触れる日本の文化や脳研究にどんな反応をするか楽しみですね。

2010年6月28日月曜日

良いリーダーシップ

良いリーダーシップとは何でしょうか?私は過去いろいろな経験を通してこの問題を考えてきたのですが、その特徴をいくつか挙げてみると、例えば、物事の判断の基準が安定していてブレないこと、その基準が他者から見て共感できること(公正で道理が通っていること)、またその価値判断基準でもって、混沌としている物事(例えばプロジェクトや人間関係)に一定の秩序や方向性を適切なタイミングでもたらすことができること。リードすべき集団の構成員に命令よりもむしろ物事の優先順位を指し示すことができること、などが挙げられるように思います。

技術と内容

土曜日にお茶の水でリコーダーのレッスンがありました。先生がもってきた18世紀のフランスバロックの二重奏を初めてやったんですが、技術的には非常に簡単なのに、音楽的にいろいろ工夫しないと聞いていて面白みが出ないということで、とても勉強になりました。もともとはミュゼットという当時の王宮で流行ったバグバイプのような楽器のために書かれた曲ですが、先生が吹くと、リコーダーなのに本当にバグパイプの風情がでるんですね。驚きました。

脳の研究でも「技術」と「生物学」のバランスってありますよね。技術的にはいいものをもっている研究者が、その優れた技術でとるに足らない生物学的問題を扱っていたり、またその逆もあったりと。。。個人的には、生物学を良く知っている研究者は尊敬できます。私もそうありたいものです。

2010年6月24日木曜日

日本人科学者、待遇に不満?

ちょっと気になったニュース

日本人科学者、待遇に不満? 満足度調査で最下位に
http://www.asahi.com/science/update/0624/TKY201006230487.html

科学者満足度:デンマーク1位、日本最下位 英誌調査
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20100624k0000m040127000c.html

「日本人は他国に比べ、休日が少なく研究テーマの選択で裁量が小さいとして強い不満を抱いている」「独立性や周囲による指導、休日、労働時間の計4項目が16カ国で最低だった」というのは深刻ですね。

アメリカで研究して日本に帰ってくると、結構納得できる部分はあるんですが、ずうっと日本で研究していると、それが当たり前のようになってしまって、自分たちの不自然さに気がつかない、ということはあるかもしれません。

2010年6月19日土曜日

リコーダーでタンゴ

先日、池袋に行ったついでに楽器屋に寄ってピアソラ「リベルタンゴ」のフルート版編曲楽譜を見つけました。

リコーダーで演奏しようとするとところどころオクターブ上げないといけないんですが、演奏会用ピースとしてはいいかもしれません。半音階練習しよっと。

2010年6月17日木曜日

論文6/17/10

Nature Methods
A photoconvertible reporter of the ubiquitin-proteasome system
in vivo pp473 - 478
Geert Hamer, Olli Matilainen and Carina I Holmberg


Nature
Putting brain training to the test
Adrian M. Owen et al.



Distinct FGFs promote differentiation of excitatory and inhibitory
synapses
Akiko Terauchi et al.



Global and local fMRI signals driven by neurons defined optogenetically
by type and wiring
Jin Hyung Lee et al.



Developmental sensory experience balances cortical excitation and
inhibition
Anja L. Dorrn et al.



Fine-tuning of pre-balanced excitation and inhibition during auditory
cortical development
Yujiao J. Sun



Science
Focal Lesions of Human Hippocampal CA1 Neurons in Transient Global Amnesia Impair Place Memory
T. Bartsch et al. 

2010年6月14日月曜日

祝「はやぶさ」帰還

家のベランダで栽培しているバジルが食べ頃になったので、きのう日曜のお昼に、妻がパスタのソースを作って2人でわが家の初収穫を楽しみました。

JAXAの探査機「はやぶさ」が、打ち上げから7年ぶりに小惑星イトカワへの旅から地球に帰還したというのは人類初の快挙で、本当にすごいニュースですね。日本の科学ニュースでこれほど感動したことはありません。科学がこんなにたくさんの人々に感動や興奮や勇気や励ましを与えることができるというのは素晴らしいことです。