2010年3月30日火曜日

論文3/31/10

J Neurosci
Demonstration of a Neural Circuit Critical for Imprinting Behavior in
Chicks
Tomoharu Nakamori, Katsushige Sato, Yasuro Atoji, Tomoyuki Kanamatsu,
Kohichi Tanaka, and Hiroko Ohki-Hamazaki
J. Neurosci. 2010;30 4467-4480

Nat Neurosci
Dnmt1 and Dnmt3a maintain DNA methylation and regulate synaptic function
in adult forebrain neurons pp423 - 430
Jian Feng, Yu Zhou, Susan L Campbell, Thuc Le, En Li, J David Sweatt,
Alcino J Silva and Guoping Fan

Central clock excites vasopressin neurons by waking osmosensory afferents
during late sleep pp467 - 474
Eric Trudel and Charles W Bourque

Monitoring neural activity with bioluminescence during natural behavior pp513 - 520
Eva A Naumann, Adam R Kampff, David A Prober, Alexander F Schier and Florian Engert

Neuron
The Developmental Origins of Voice Processing in the Human Brain
T. Grossmann, R. Oberecker, S.P. Koch, and A.D. Friederici

2010年3月19日金曜日

論文3/19/10

Nature Reviews Neuroscience
Modelling the molecular mechanisms of synaptic plasticity using systems biology
approaches
Jeanette Hellgren Kotaleski and Kim T. Blackwell

Frontiers in Cellular Neuroscience
Chronic cellular imaging of mouse visual cortex during operant behavior and passive viewing
Mark L. Andermann, A. M. Kerlin and R. C. Reid

Science
A Critical Role for {alpha}4β{delta} GABAA Receptors in Shaping Learning Deficits at Puberty in Mice
H. Shen et al.

2010年3月16日火曜日

個々の仕事の底辺を流れるもの

 論文は先週PNASオンラインに出ました。仕事の出来には満足はしているんですが(少なくとも今までの仕事の中で一番質の高いデータを一番多く出しました)、今の世の中、やはりnatureやscienceに論文を出さないと、PNASに論文を出したくらいでは、あまり職を得る足しにはならないのかもしれません。オリンピックで言ったら、「入賞」と「メダル」の違いのようなものなのかも。「入賞」ならば、確かに周りの人々が「よかった」と褒めてくれるけど、メダルをとったときのように、その日から生活が一変するような劇的な変化は望めない気がします。
 今まで論文を何報か書いてみて、例えばJ.Neucosciに掲載されるような仕事の進め方、というのは身に付いた気がします。研究者として「死なない」ためには、このレベルの仕事がコンスタントに出せるのが大事だということもわかる。それから、neuronやnat neurosciに掲載されるような仕事、というのもなんとなく想像はつく。おそらくそのスペクトルはJ.Neurosci的仕事の延長線上にあって、決してそれと不連続という訳ではない気がする。しかし、natureやscienceに載るような仕事を狙って出す、というのはちょっと見当もつかないな。それができるのが真に影響力のある研究者、ということになるのかもしれませんが。
 作家や作曲家でも、そのキャリアが進むにつれて技法の円熟が見られる例は多いです。ドビュッシーを聴いても『春』や『牧神の午後の前奏曲』はまだ若書きに聴こえるけど、『夜想曲』や『海』の響きは非常に充実しています。ジョージ・オーウェルだって『動物農場』を書くまでは非常に苦労しているけど、それに続く『1984年』は、やはりそれ以前の『動物農場』があって成立した作品だということがわかります。まあ、そんなわけなので、今回の論文に続く今のプロジェクトがどれだけ成功するかというのは、非常に楽しみではありますね。私は大学院生のときに分子生物学的アプローチを学んで、海外時代はシステムレベルのアプローチを学びましたが、今になってようやく、本当に良い仕事をするための準備が整ったような気がします。

2010年3月15日月曜日

権力による支配の構造ー二本足で歩く豚

 岡崎の学会から昨日帰ってきました。招待されていたサンフランシスコ時代のボスに日本で会えたのは良かったです。それから自分の今のプロジェクトで、どうやって実現しようかと考えていたアイデアが、あるところから入手できるものを使うことで簡単にできることを、発表者の先生の一人から教えてもらい、この情報が今回の学会での一番の収穫になりました。もしこれがうまく動けば、研究は大展開するかもしれません。
 行きの新幹線の中でジョージ・オーウェルの『動物農場』を読んでいたんですが、非常に面白かったです。今から思えばアメリカにいたときは、なんでドストエフスキーとか読む時間があったのかと不思議ですが、日本に帰ってきてからは小説読む時間なんてほとんどなくなっていたので、久しぶりに楽しみました。革命によってどのように新しい権力が誕生し、それがどのようにして堕落していくかを描いた寓話なんですが、民主党政権の内閣支持率が急落している今読むと、けっこう笑うに笑えない部分もありますね。科学だって、ある仮説が別の仮説にとって代わるようなときに、同じようなことが起こっている気がします。

2010年3月13日土曜日

論文3/13/10

Nature methods
In-cell recordings by extracellular microelectrodes pp200 - 202
Aviad Hai, Joseph Shappir and Micha E Spira
subthreshold potentialsを測れる細胞外電極

Silencing neurotransmission with membrane-tethered
toxins pp229 - 236

PNAS
Functional specializations for music processing in the human newborn brain
Daniela Perani, Maria Cristina Saccuman, Paola Scifo, Danilo Spada, Guido Andreolli, Rosanna Rovelli, Cristina Baldoli, and Stefan Koelsch
生後1日の赤ちゃんでも音楽が右半球の聴覚野の活性化をおこす。

Nature Protocol
Optogenetic interrogation of neural circuits: technology for probing mammalian brain structures pp439 - 456
Feng Zhang et al.

Cell
The Angelman Syndrome Protein Ube3A Regulates Synapse Development by Ubiquitinating Arc
P.L. Greer, R. Hanayama, B.L. Bloodgood, A.R. Mardinly, D.M. Lipton, S.W. Flavell, T.-K. Kim, E.C. Griffith, Z. Waldon, R. Maehr, H.L. Ploegh, S. Chowdhury, P.F. Worley, J. Steen, and M.E. Greenberg
Greenberg labのUbe3a-Arc論文がついに出ました。

Neuron
Hippocampal Replay Is Not a Simple Function of Experience
A.S. Gupta, M.A.A. van der Meer, D.S. Touretzky, and A.D. Redish

Science
Hippocampal Short- and Long-Term Plasticity Are Not Modulated by Astrocyte Ca2+ Signaling
C. Agulhon et al.
グリア機能の再検討

2010年3月1日月曜日

論文3/1/10

nature
Direct conversion of fibroblasts to functional neurons by defined
factors pp1035-1041
Thomas Vierbuchen et al.

nature neuroscience
Functional organization and population dynamics in the mouse primary
auditory cortex pp353 - 360
Gideon Rothschild, Israel Nelken and Adi Mizrahi

Dichotomy of functional organization in the mouse auditory cortex
pp361 - 368
Sharba Bandyopadhyay, Shihab A Shamma and Patrick O Kanold

Ultrafast optogenetic control pp387 - 392
Lisa A Gunaydin, Ofer Yizhar, Andre Berndt, Vikaas S Sohal, Karl Deisseroth
and Peter Hegemann