2010年1月28日木曜日

論文1/28/10

J. Neurosci
Murine Embryonic Stem Cell-Derived Pyramidal Neurons Integrate into the
Cerebral Cortex and Appropriately Project Axons to Subcortical Targets
Makoto Ideguchi, Theo D. Palmer, Lawrence D. Recht, and James M. Weimann
ES細胞由来の錐体細胞を運動野、視覚野、体性感覚野の深層に移植すると、第5層ニューロンに分化して、正しい標的に軸索投射する。

Nature
Mutational robustness can facilitate adaptation pp353-355
Jeremy A. Draghi, Todd L. Parsons, Gunter P. Wagner and Joshua B. Plotkin
population geneticsのモデルにおいて、変異に対する頑健さが適応を助長する。

Prejudice and truth about the effect of testosterone on human bargaining
behaviour pp356-359
C. Eisenegger et al.
テストステロンを投与された女性の行動のunfairlyな変化は、自分がテストステロンを投与されたかどうか信じることによる。

Science
The Genetic Landscape of a Cell
M. Costanzo et al.
A genome-wide interaction map of yeast identifies genetic interactions, networks, and function.
酵母の全ゲノム規模の遺伝子相互作用のマップ。

Impact of Spikelets on Hippocampal CA1 Pyramidal Cell Activity During Spatial Exploration
J. Epsztein et al.
freely-moving ratsのin vivo whole cell記録で、探索行動中のCA1細胞のspikeletsを記録した。

Rules for Biologically Inspired Adaptive Network Design
A. Tero et al.
Human municipal transportation engineers might learn design strategies from the lowly slime mold.
粘菌のネットワークと東京の鉄道のネットワークの類似性。

Current Biology
Vocal Attractiveness Increases by Averaging
L. Bruckert, P. Bestelmeyer, M. Latinus, J. Rouger, I. Charest, G.A. Rousselet, H. Kawahara, and P. Belin
多くの声を平均化すればするほど、より魅力的な声に聞こえる。より滑らかで規則的なテキスチャーをもつから。

Neuron
Critical Period Plasticity Matches Binocular Orientation Preference in the Visual Cortex
B.-S. Wang, R. Sarnaik, and J. Cang
臨界期は両眼受容野の方向選択性のマッチングの時期に一致する。

2010年1月19日火曜日

論文1/19/10

Nature Reviews Genetics
How culture shaped the human genome: bringing genetics and the human
sciences together
Kevin N. Laland, John Odling-Smee and Sean Myles

Science
Dendritic Mechanisms Underlying Rapid Synaptic Activation of Fast-Spiking Hippocampal Interneurons
H. Hu et al.
海馬basket cellの速く時間的に正確な活性化に樹状突起のKチャネルが関与する。

Nature
High-performance genetically targetable optical neural silencing by
light-driven proton pumps pp98-102
Brian Y. Chow et al.
Archのcharacterization

2010年1月6日水曜日

楽器の練習=運動学習

 今日はなんかばたばたした一日でした。お正月あけて1週間ぶりに実験をしようと思ったら、レーザーの光路がずいぶんずれていて、その調整だけで一日かかりました。
 リコーダーはヘンデルのソナタを伴奏CDにあわせて吹いていたら、一人で吹いていたときには気づかなかった大問題が発覚。音程がすごくわるいんですね〜。これは気をつけて直さないとです。
 楽器上達するのって実験が上達するのに似てますね。できないところはその部分だけ取り出してトラブルシューティング。メトロノームを使ってゆっくり何度か練習して、できたと思ったらだんだん速くする。まさに学習ですね。極論すれば、笛は正しいタイミングで正しい指を押さえ、正しい強さの息を吹き込んだら正しくなるわけだから、練習によってそれに限りなく近づけばいいということになる。あるパッセージができる前とできた後で比較すると、自分の脳の神経回路がどんなふうに変化しているのかと知りたい気分になります。