2009年12月29日火曜日

論文12/29/09

PLoS Genetics
Progressive Purkinje Cell Degeneration in tambaleante Mutant Mice Is a Consequence of a Missense Mutation in HERC1 E3 Ubiquitin Ligase
Tomoji Mashimo, Ouadah Hadjebi, Fabiola Amair-Pinedo, Toshiko Tsurumi, Francina Langa, Tadao Serikawa, Constantino Sotelo, Jean-Louis Guénet, Jose Luis Rosa
HERC1の変異がプルキンエ細胞の変性をひき起こす。

Nature Neuroscience
A robust and high-throughput Cre reporting and characterization system
for the whole mouse brain pp133 - 140
Linda Madisen, Theresa A Zwingman, Susan M Sunkin, Seung Wook Oh,
Hatim A Zariwala, Hong Gu, Lydia L Ng, Richard D Palmiter,
Michael J Hawrylycz, Allan R Jones, Ed S Lein and Hongkui Zeng
Allen InstituteのCre蛍光レポーターライン

Neuron
Rewarded Outcomes Enhance Reactivation of Experience in the Hippocampus
A.C. Singer and L.M. Frank

2009年12月23日水曜日

論文12/23/09

Nature
Parental origin of sequence variants associated with complex diseases
Augustine Kong et al.
ヒトの病気に関わる変異とインプリンティング。

Rapid formation and selective stabilization of synapses for enduring
motor memories
Tonghui Xu et al.
forelimb reaching taskによる運動皮質のスパイン形成の観察

Stably maintained dendritic spines are associated with lifelong memories
Guang Yang, Feng Pan and Wen-Biao Gan
enviromental enrichmentとrotorodによるスパイン形成の観察

2009年12月12日土曜日

論文12/12/09

Science
GABAergic Hub Neurons Orchestrate Synchrony in Developing Hippocampal Networks
P. Bonifazi et al.
A model for the topology of brain networks incorporates a morpho-functional description of neuronal hubs.

J Neurosci
Functional Excitatory Microcircuits in Neonatal Cortex Connect Thalamus and
Layer 4
Cuiping Zhao, Joseph P. Y. Kao, and Patrick O. Kanold
J. Neurosci. 2009;29 15479-15488

Nature
X-ray structure, symmetry and mechanism of an AMPA-subtype glutamate
receptor pp745-756
Alexander I. Sobolevsky, Michael P. Rosconi and Eric Gouaux
AMPA受容体の立体構造、活性化・不活性化メカニズム。

Chiral blastomere arrangement dictates zygotic left–right asymmetry
pathway in snails pp790-794
Reiko Kuroda, Bunshiro Endo, Masanori Abe and Miho Shimizu
なぜかPIが第一著者になっていますね。

2009年12月2日水曜日

実験と遊び心

 実験は今のところうまく動いています。二光子顕微鏡で脳を見るのって、なんだかちょっとダイビングみたいですね。深く深く覗いていくと、見たこともない風景がひろがってくる。これは非常に面白いです。沖縄でシュノーケリングしたのを思い出します。顕微鏡について私の好みを言わせてもらえば、「見る」という顕微鏡本来の機能を徹底して追求したものがいい。シンプルで余分な機能のついていないものがよいです。それから車やカメラと同様に顕微鏡も操作感は大事です。見ている最中の「こうしたい」っていうアイデアが、次の瞬間にパッと実現できるようなものがいいですね。

 研究所について調べものをしていたときに偶然「CDBラボパニック」という、生物学実験を模したゲームのサイトを見つけました。実験の合間の息抜きにするには、あまりにも実験そのものに近すぎるゲームですが。。。キャラクターの外見を変えられたりとかは、芸が細かいです。セルソーターやシークエンサーのゲームは、ちょっと「太鼓の達人」に似ていますね。タイミングが命です。