2009年11月30日月曜日

論文11/30/09

Current Opinion in Neurobiology
技術に関するレビュー2つ
Electrophysiological recordings from behaving animals—going beyond spikes Pages 513-519
Edith Chorev, Jérôme Epsztein, Arthur R Houweling, Albert K Lee, Michael Brecht

Optical probing of neuronal ensemble activity Pages 520-529
Benjamin F Grewe, Fritjof Helmchen

Nature Genetics
A small recurrent deletion within 15q13.3 is associated with a range
of neurodevelopmental phenotypes. pp1269 - 1271
Marwan Shinawi et al.
ヒト染色体15q13.3の微小結失で発達障害がおこる。原因遺伝子はCHRNA7? (alpha7アセチルコリン受容体)

PLoS Biology
Explaining the Linguistic Diversity of Sahul Using Population Models
Ger Reesink, Ruth Singer, Michael Dunn
オーストラリア、ニューギニア地域の言語の多様性を、その言語構造によってベイスクラスタリングで解析すると、10の祖先言語が同定された。

Nature Neuroscience
Experience-dependent compartmentalized dendritic plasticity in
rat hippocampal CA1 pyramidal neurons pp1485 - 1487
Judit K Makara, Attila Losonczy, Quan Wen and Jeffrey C Magee
enriched environmentにおいたラットのCA1細胞では、A-type K+ channelのダウンレギュレーションによって樹状突起のNa+スパイクの伝播が変化する。

Dynamic DNA methylation programs persistent adverse effects of early-life stress
pp1559 - 1566
Chris Murgatroyd, Alexandre V Patchev, Yonghe Wu, Vincenzo Micale,
Yvonne Bockmuhl, Dieter Fischer, Florian Holsboer, Carsten T Wotjak,
Osborne F X Almeida and Dietmar Spengler
生後初期のストレスはargining vassopressin遺伝子のMeCP2の結合部位のメチル化を減少させることでその発現を増加させる。

Cell
The Amygdala Is a Chemosensor that Detects Carbon Dioxide and Acidosis to Elicit Fear Behavior
A.E. Ziemann, J.E. Allen, N.S. Dahdaleh, I.I. Drebot, M.W. Coryell, A.M. Wunsch, C.M. Lynch, F.M. Faraci, M.A. Howard, III, M.J. Welsh, and J.A. Wemmie
アミグダラのacid-sensing ion channel ASIC1aがCO2レベルの増加によるpH変化を検出して行動レベルでの恐怖反応をひき起こす。

Nature Methods

Imaging neural activity in worms, flies and mice with improved
GCaMP calcium indicators pp875 - 881
Lin Tian et al.
GCaMP3のcharacterization

A genetically encoded reporter of synaptic activity
in vivo pp883 - 889
Elena Dreosti, Benjamin Odermatt, Mario M Dorostkar and Leon Lagnado
GCaMP2をsynaptophysinにつないでzebrafishでイメージングすると、spikingとsubthresholdの両方がイメージングできる。

2009年11月22日日曜日

論文11/22/09

Frontiers in Integrative Neuroscience
Visual cortex plasticity evokes excitatory alterations in the hippocampus
Marian Tsanov and Denise Manahan-Vaughan
Freely moving adult ratsのDGでのオシレーションとVCのLFPの相関。

European Journal of Neuroscience
Avian hippocampal role in space and content memory
Meghan C. Kahn, Verner P. Bingman
ハトの海馬は空間学習だけでなく、非空間的な役割(ゴールの質の識別)ももつ。

Journal of Neuroscience
Functional Clustering of Neurons in Motor Cortex Determined by Cellular
Resolution Imaging in Awake Behaving Mice
Daniel A. Dombeck, Michael S. Graziano, and David W. Tank
awake behaving miceの運動野における細胞活動のクラスタリング


Adult-Born Hippocampal Neurons Are More Numerous, Faster Maturing, and More
Involved in Behavior in Rats than in Mice
Jason S. Snyder, Jessica S. Choe, Meredith A. Clifford, Sara I. Jeurling,
Patrick Hurley, Ashly Brown, J. Frances Kamhi, and Heather A. Cameron
成体神経新生のマウスとラットの種差

PNAS
Long-range retrograde spread of LTP and LTD from optic tectum to retina Jiu-lin Du, Hong-ping Wei, Zuo-ren Wang, Scott T. Wong, and Mu-ming Poo
オタマジャクシのretinotectal synapsesでおこるLTPとLTDがBDNFとNOによるシグナルを介して逆行性に網膜に伝わる。

Visually evoked activity in cortical cells imaged in freely moving animals
Juergen Sawinski, Damian J. Wallace, David S. Greenberg, Silvie Grossmann, Winfried Denk, and Jason N. D. Kerr


Cell
Adult Neurogenesis Modulates the Hippocampus-Dependent Period of Associative Fear Memory T. Kitamura, Y. Saitoh, N. Takashima, A. Murayama, Y. Niibori, H. Ageta, M. Sekiguchi, H. Sugiyama, and K. Inokuchi

Nature
Predicting new molecular targets for known drugs
Michael J. Keiser et al.
化合物の類似性によって標的との相互作用を計算的に予測する。

Human-specific transcriptional regulation of CNS development genes by
FOXP2
Genevieve Konopka et al.
ヒトの失語症で見られるFOXP2の変異を導入すると、遺伝子発現が変化する。

Frequency of gamma oscillations routes flow of information in the
hippocampus
Laura Lee Colgin et al.

2009年11月8日日曜日

論文11/8/09

J. Neurophys.

Intrinsic Neuronal Excitability Is Reversibly Altered by a Single Experience in Fear Conditioning Bridget M. McKay*, Elizabeth A. Matthews*, Fernando A. Oliveira and John F. Disterhoft
一度の恐怖条件付けで海馬ニューロンの膜興奮性が変化する。

Current Biology

Ancient DNA Reveals Lack of Continuity between Neolithic Hunter-Gatherers and Contemporary Scandinavians
Helena Malmström, M. Thomas P. Gilbert, Mark G. Thomas, Mikael Brandström, Jan Storå, Petra Molnar, Pernille K. Andersen, Christian Bendixen, Gunilla Holmlund, Anders Götherström1, and Eske Willerslev
古代スカンジナビア人のDNAを解析すると、当時のHunter-gatherスタイルを営んでいた人たちは現代の東バルト人の先祖であり、現代のスカンジナビア人の祖先とは異なる。

Reciprocal Face-to-Face Communication between Rhesus Macaque Mothers and Their Newborn Infants
Pier Francesco Ferrari1, Annika Paukner, Consuel Ionica and Stephen J. Suomi
ヒトでなくマカクにも母子の相互コミュニケーションが存在する。

鎌倉散策

 サンフランシスコにいたときにお世話になった日本人女性の大家さんが、神奈川のご実家に先月からひと月ほど一時帰国しているということで、今日は藤沢までごあいさつに行ってきました。藤沢駅でお昼過ぎに待ち合わせて江の電で鎌倉へ向かったのですが、海岸にそって走る江の電に揺られながらサンフランシスコのローカルな話をしていると、なんだかつじつまの合わない夢をみているような不思議な気分になってきます。鶴岡八幡宮をのんびりと散歩すると、七五三を祝う家族や、結婚式をあげている夫婦の姿がみられたり、それから立派な菊の展覧会があったりして、のんびりとした気分になりました。大家さんはもう結構な年齢のはずなのに、おしゃれで好奇心旺盛で大変素敵な方です。私はサンフランシスコ滞在中にあの家に住むことができて、本当によかったと思っています。

 最近読んでいる本は木村資生『生物進化を考える』(岩波新書)。一流の研究者の解説によって発行当時(1989年)までの進化論の発展の歴史がわかる良著です。昔の新書はこんなふうに丁寧に書かれた本が多かった気がしますね。今でも良い本はひそかに出版されているのでしょうが、多くのつまらない本に埋もれてしまっているのか、そういう本を探しあてる苦労はますます大きくなっている感があります。