2009年10月30日金曜日

論文10/30/09

Cell
Architecture-Dependent Noise Discriminates Functionally Analogous Differentiation Circuits
T. Çagatay, M. Turcotte, M.B. Elowitz, J. Garcia-Ojalvo, and G.M. Süel
バクテリアの遺伝的回路を人工の回路と比較すると、自然の回路は分子的ノイズが多いが、変化する環境条件にはよりうまく対応できる。

Writing Memories with Light-Addressable Reinforcement Circuitry
A. Claridge-Chang, R.D. Roorda, E. Vrontou, L. Sjulson, H. Li, J. Hirsh, and G. Miesenböck A

Neural Circuit Mechanism Integrating Motivational State with Memory Expression in Drosophila
M.J. Krashes, S. DasGupta, A. Vreede, B. White, J.D. Armstrong, and S. Waddell

ハエにおける記憶の操作2題


Neuron
Metaplasticity Governs Natural Experience-Driven Plasticity of Nascent Embryonic Brain Circuits
D. Dunfield and K. Haas
オタマジャクシでのin vivoカルシウムイメージング。視覚刺激のパターンによって神経細胞集団の反応性を活動履歴依存的かつNMDA受容体依存的に長期増強、抑圧できる。

nature

Genome evolution and adaptation in a long-term experiment with Escherichia coliJeffrey E. Barrick1,7, Dong Su Yu2,3,7, Sung Ho Yoon2, Haeyoung Jeong2, Tae Kwang Oh2,4, Dominique Schneider5, Richard E. Lenski1 & Jihyun F. Kim2,6
40000世代にわたって培養した大腸菌のゲノムをシークエンスすると、変異の速度は一定だったにもかかわらず、その変異のほとんどはbeneficialなものだった。同じ系統が後に速い変異速度を示したときは、その変異の多くは中立的だった。

Visual but not trigeminal mediation of magnetic compass information in a migratory bird Manuela Zapka1, Dominik Heyers1, Christine M. Hein1, Svenja Engels1, Nils-Lasse Schneider1, Jörg Hans1, Simon Weiler1, David Dreyer1, Dmitry Kishkinev1, J. Martin Wild2 & Henrik Mouritsen1

migratory songbirdsの地磁気によるnavigationには視覚情報が大事。

Regulation of cortical microcircuits by unitary GABA-mediated volume transmission Szabolcs Oláh1, Miklós Füle1, Gergely Komlósi1, Csaba Varga1, Rita Báldi1, Pál Barzó2 & Gábor Tamás1

neurogliaform cellsが放出するGABAと、そのシナプス外GABA受容体を介した伝達の役割

Sleep deprivation impairs cAMP signalling in the hippocampus
Christopher G. Vecsey et al.
睡眠剥奪により海馬のPKA依存性可塑性と記憶が障害される。

Intracellular dynamics of hippocampal place cells during virtual
navigation
Christopher D. Harvey, Forrest Collman, Daniel A. Dombeck and David W. Tank
何もいうことはありません。

Science
Sequential Processing of Lexical, Grammatical, and Phonological Information Within Broca's Area
N. T. Sahin et al.
Intracranial electrodes record activity in a language-associated area of the brain as words are identified and produced.

Fast Synaptic Subcortical Control of Hippocampal Circuits
Viktor Varga, Attila Losonczy,, Boris V. Zemelman,* Zsolt Borhegyi, Gábor Nyiri, Andor Domonkos, Balázs Hangya, Noémi Holderith, Jeffrey C. Magee, Tamás F. Freund
Rapheからのセロトニン性神経が海馬の介在ニューロンの活動を直接調節する。

nature reviews neuroscience
What does the retrosplenial cortex do?
Seralynne D. Vann, John P. Aggleton and Eleanor A. Maguire

The Allen Brain Atlas: 5 years and beyond
Allan R. Jones, Caroline C. Overly and Susan M. Sunkin

PNAS
Transgenic songbirds offer an opportunity to develop a genetic model for vocal learning
R. J. Agate, B. B. Scott, B. Haripal, C. Lois, and F. Nottebohm

Layer-specific network oscillation and spatiotemporal receptive field in the visual cortex Wenzhi Sun and Yang Dan

ラットの視覚野のin vivo whole-cellで、L2/3では遅いオシレーションを示し、視覚反応は長くRFは大きい、L5では速いオシレーションが見られ、視覚反応は一過性でRFは小さい。

Monkey drumming reveals common networks for perceiving vocal and nonvocal communication sounds
Ryan Remedios, Nikos K. Logothetis, and Christoph Kayser
マカクのdrumming とvocalizationによってマカクのcaudal auditory cortexとamygdalaが活性化する。他に行動観察など。

Evolutionary replacement of UV vision by violet vision in fish
Takashi Tada, Ahmet Altun, and Shozo Yokoyama

scabbardfishの色素SWS1 を解析するとUVvisonからviolet visionへの変化は進化の過程でPhe86のdeletionにより起こったことが示唆される。

J Neurophys
Neural Correlates of Novel Object and Novel Location Recognition Behavior
in the Mouse Anterior Cingulate Cortex
Aldis P. Weible, David C. Rowland, Raina Pang, and Clifford Kentros

Nature Neuroscience
Basal forebrain activation enhances cortical coding of natural scenes
Michael Goard and Yang Dan
The nucleus basalis is thought to regulate arousal and attention via
release of acetylcholine in the cortex. Here the authors report that
nucleus basalis stimulation in rats results in a decorrelation between
visual cortical neurons as a result of activation of cortical muscarinic
receptors and an increase in the reliability of responses to natural
scenes as a result of more distributed changes along the visual pathway.

Functional consequences of animal-to-animal variation in circuit
parameters
Jean-Marc Goaillard, Adam L Taylor, David J Schulz and Eve Marder
The authors found considerable preparation-to-preparation variability
in the strength of two identified synapses, the amplitude of a
modulator-evoked current and the expression of six ion channel
genes in the pyloric circuit of the crab stomatogastric ganglion.
These parameters correlated with circuit performance. Circuits produced
similar outputs because of compensatory and coordinated changes among
the parameters.


2009年10月21日水曜日

SfN2009総評


学会の最終日の朝、シカゴにいます。

今回の学会の全体的印象を挙げると
1)optogeneticsが、特にStanfordとMITあたりを中心にかなりの勢いで普及している。
2)イメージングと神経回路の操作に関する技術もまた、かなり勢いで進歩している。

より具体的には
3)二光子のカルシウムイメージングが普通の技術になり、今まで聞いたことがないような研究室までできるようになっている。
4)マウス、ラットを使った実験は覚醒標本からの記録が増えている。

ということです。

今年から自分の研究分野が変わったこともあって、業界の動向を知る点で、今年は学会に来て非常に来てよかったです。これからの数年で神経科学は大変様変わりする予感がします。こうした情報を知らなかったら次の1年間無駄な努力をするところでした。アメリカにいたころはSfNへの参加は2年に1度でしたが、日本に帰ってきて口コミの情報量が圧倒的に減ったことを考えると、これからは毎年参加した方がいいと思いました。

写真はシカゴのブルースバー"Blue Chicago"での一コマ。

2009年10月16日金曜日

『東京ノート』そして出発

 一度みたいと思っていた平田オリザの青年団、ゆうべ近所の富士見市民文化会館で『東京ノート』の公演があったので、車で迷いながら会場まで到着。話には聞いていたけど、平田オリザのスタイルは複数のドラマが同時進行するリアルな会話劇で、今まで見たどの演劇とも似ていなく、「こんなふうに演劇がつくれるのか」といたく感心しました。私も今までと全く異なったアイデアの上に自分の研究を作ってみたいものです。観劇から帰ってからは研究室で申請書の仕上げ。夜中12時過ぎまでかかったけど、まずまずの出来です。

今日は午後から学会のために成田からシカゴに飛びます。ポスター発表は

Title: A genomic imprinting effect on experience-dependent cortical plasticity produced by a maternal deficiency of the ubiquitin ligase gene Ube3a
Session Title: Synaptogenesis: New Molecules and Mechanisms
Date and Time: Monday Oct 19, 2009 1:00 PM - 5:00 PM
Location: South Hall A

です。では学会でお会いしましょう。

2009年10月12日月曜日

論文10/12/09

PNAS
Interareal coordination of columnar architectures during visual cortical development Matthias Kaschube, Michael Schnabel, Fred Wolf, and Siegrid Löwel
ネコ視覚野の方位選択性地図の間隔を左右のV1およびV1とV2で比較すると、異なる領域かんで相関が見られる。このマッチングは発達過程とともに現れる。

nature

Gene therapy for red–green colour blindness in adult primatesKatherine Mancuso1, William W. Hauswirth, Qiuhong Li, Thomas B. Connor, James A. Kuchenbecker, Matthew C. Mauck, Jay Neitz & Maureen Neitz
AAVで赤緑色盲のサルの網膜にL−opsinを発現させると、成体に対する処置であるにも関わらず三色視が回復する。

A genome-wide linkage and association scan reveals novel loci for autism
Lauren A. Weiss1, Dan E. Arking & The Gene Discovery Project of Johns Hopkins & the Autism Consortium
ヒト染色体5p15の領域が自閉症と連鎖する。その近傍にあるsema5Aの発現が患者で有為に減っている。

JNeurosci
Cocaine Exposure In Utero Alters Synaptic Plasticity in the Medial
Prefrontal Cortex of Postnatal Rats
Hui Lu, Byungkook Lim, and Mu-ming Poo
in uteroでコカイン暴露されたP15-42ラットのmPFCのL5ではGABAが抑制されてLTPが亢進する。行動でみると薬物に対するlocomotor activityの感受性が落ちる

2009年10月5日月曜日

論文10/5/09

Cell
Estrogen Masculinizes Neural Pathways and Sex-Specific Behaviors
M.V. Wu, D.S. Manoli, E.J. Fraser, J.K. Coats, J. Tollkuhn, S.-I. Honda, N. Harada, and N.M. Shah
アロマターゼがテストステロンをエストロゲンに変える。アロマターゼ陽性細胞のオス特異的行動の役割

Stringent Specificity in the Construction of a GABAergic Presynaptic Inhibitory Circuit
J.N. Betley, C.V.E. Wright, Y. Kawaguchi, F. Erdelyi, G. Szabo, T.M. Jessell, and J.A. Kaltschmidt
脊髄の抑制性介在細胞が感覚神経終末由来のBDNFで分化促進される。

PLoS Biology
Circadian and Social Cues Regulate Ion Channel Trafficking
Michael R. Markham, M. Lynne McAnelly, Philip K. Stoddard, Harold H. Zakon
電気魚の電気器官では夜にACTHの作用でNaチャネルのトラフィッキングが増える

J.Neurosci
Spontaneous Bursting Activity in the Developing Entorhinal Cortex
Maxim G. Sheroziya, Oliver von Bohlen und Halbach, Klaus Unsicker, and
Alexei V. Egorov

Science
Coat Variation in the Domestic Dog Is Governed by Variants in Three Genes
E. Cadieu et al.
Huge variations in the coats of purebred dogs can be explained by the combinatorial effects of only three genes.
Ribosomal Protein S6 Kinase 1 Signaling Regulates Mammalian Life Span
C. Selman et al.
A signaling pathway in mice mediates the effects of caloric restriction that protect against age-related diseases.