2009年8月28日金曜日

論文8/28/09

Current Biology
VA Opsin-Based Photoreceptors in the Hypothalamus of Birds
S. Halford, S.S. Pires, M. Turton, L. Zheng, I. González-Menéndez, W.L. Davies, S.N. Peirson, J.M. García-Fernández, M.W. Hankins, and R.G. Foster
rodやconeではなく、Vertebrate Ancient opsin がmedian eminenceに投射する視床下部ニューロンに発現している。

PLoS Biology
Hippocampus Leads Ventral Striatum in Replay of Place-Reward Information
Carien S. Lansink, Pieter M. Goltstein, Jan V. Lankelma, Bruce L. McNaughton, Cyriel M. A. Pennartz
海馬と背側線条体の同時記録によると、睡眠中に双方の細胞群の再活性化が見られる。海馬が場所をコードし、線条体が報酬をコードするペアほど再活性化は強く、海馬の発火のタイミングは背側線条体よりわずかに早い。

Rapid Evolution of Sex Pheromone-Producing Enzyme Expression in Drosophila
Troy R. Shirangi, Héloïse D. Dufour, Thomas M. Williams, Sean B. Carroll
24種類のハエの性フェロモンの差がdesatFという合成酵素の調節領域にマップされる。

Distinct Parietal and Temporal Pathways to the Homologues of Broca's Area in the Monkey
Michael Petrides, Deepak N. Pandya
マカクのブローカ野への入力を解剖学的に詳しく調べると、temporal cortexからのventral streamとinferior parietal lobeやsuperior temporal sulcusからのdorsal streamがある。

Nature
L1 retrotransposition in human neural progenitor cells
ヒト胎児からとった神経前駆細胞およびヒトES細胞からつくった神経細胞で、外来性のL1レトロトランスポゾンの転移を起こすことができる。

Science
On the Origin and Spread of an Adaptive Allele in Deer Mice
C. R. Linnen et al.
ネブラスカサンドヒルのDeer miceの保護色はagouti遺伝子のcisエレメントの変異による発現の増加で起こった。この変異はサンドヒルの形成のあとに新しく起こった。

Neuron
Direct Activation of Sparse, Distributed Populations of Cortical Neurons by Electrical Microstimulation
M.H. Histed, V. Bonin, and R.C. Reid
二光子カルシウムで見ると、電気刺激時に活性化されるニューロンは電極周囲にある数十ミクロンの容積にある軸索を刺激したものによる。ときには数ミリメートル離れた細胞が活性化することもある。

J Neurosci.
A Simple Model of Cortical Dynamics Explains Variability and State
Dependence of Sensory Responses in Urethane-Anesthetized Auditory Cortex
Carina Curto, Shuzo Sakata, Stephan Marguet, Vladimir Itskov, and Kenneth
D. Harris
ウレタン麻酔下のラット聴覚野で刺激提示直前の自発活動を考慮したダイナミカルシステムモデルを仮定することにより反応のvariablityがtrial-to-trial basisで予測できる。

Visual Receptive Field Structure of Cortical Inhibitory Neurons Revealed by
Two-Photon Imaging Guided Recording
Bao-hua Liu, Pingyang Li, Ya-tang Li, Yujiao J. Sun, Yuchio Yanagawa,
Kunihiko Obata, Li I. Zhang, and Huizhong W. Tao
二光子イメージングでガイドしたcell-attached recordingでL2/3の抑制性ニューロンの受容野を調べると、興奮性細胞よりもサイズは大きく、ONOFFははっきり分かれておらず、方向選択性も弱かった。興奮性細胞のON/OFFsubfieldはphase invariantな抑制のゲインコントロールによって促進される?

2009年8月21日金曜日

論文8/21/09続き

先週のScience (行動で面白い論文が多い)

Fire As an Engineering Tool of Early Modern Humans
K. S. Brown et al.
熱処理した石器は16万4000年前から南アフリカのPinnacle Pointの遺跡で見られた。熱処理は火についての知識を必要とし、symbolic behaviorの出現とだいたい機を同一にしている。

Mesotocin and Nonapeptide Receptors Promote Estrildid Flocking Behavior
J. L. Goodson et al.
メスのゼブラフィンチはオキシトシンアンタゴニストによって大きな群れと見慣れたパートナーを避けるようになる。トリのオキシトシンホモログは逆の効果をしめす。lateral septumが重要。種によって特徴的な群れのサイズはlateral septumのノナペプチド受容体の局在に相関する。

The Transcriptional Repressor DEC2 Regulates Sleep Length in Mammals
Y. He et al.
ヒトで睡眠が短くていい人はDEC2というtranscription repressorに変異がある。この変異を模したマウスをつくると確かに睡眠時間が短くなる。

Capuchin Monkeys Display Affiliation Toward Humans Who Imitate Them
A. Paukner et al.
capuchin monkeyという社会性の高い霊長類は自分たちを模倣する人間を、模倣しない人間より好む。

Mindblind Eyes: An Absence of Spontaneous Theory of Mind in Asperger Syndrome
A. Senju et al.
俳優の行動についてのeye movementによるテストでは、アスペルガー症候群の大人は他人の信念を自発的に理解することはできないが、それを学習することによってできるようになるかもしれない。

論文8/21/09

最近の論文から
PNAS
Changing numbers of neuronal and non-neuronal cells underlie postnatal brain growth in the rat
Fabiana Bandeira, Roberto Lent, and Suzana Herculano-Houzel
Wistarラットの脳の神経細胞と非神経細胞の数の生後発達における変化を部位別に数えた。皮質での神経細胞数は生後0日から3日にかけて倍増し、その後数日のうちに70%に減少。2週目に非神経細胞数の増加がおこるが、2-3週目にかけて神経細胞数のわずかな増加がみられる。

Nature Reviews Neuroscience
Is the rostro-caudal axis of the frontal lobe hierarchical?
David Badre and Mark D'Esposito
前頭葉の前後軸における機能的解剖学的階層性について

Nature
Neurotransmission selectively regulates synapse formation in parallel
circuits in vivo
Daniel Kerschensteiner, Josh L. Morgan, Edward D. Parker, Renate M. Lewis & Rachel O. L. Wong
ON bipolarにTeNTを発現するマウスでは神経伝達を阻害した細胞とON-OFF RGCの結合は形成されるが、シナプス数が減少している。これはタイムラプスイメジングでみるとシナプス消失によるものではなくむしろシナプス形成の制御によるものである。

J.Neurosci
How Connectivity, Background Activity, and Synaptic Properties Shape the
Cross-Correlation between Spike Trains
Srdjan Ostojic, Nicolas Brunel, and Vincent Hakim
Cross-correlation functionの対称性が、共通入力をもつときと直接結合のときで異なる。また背景ノイズや後シナプスニューロンの発火の規則性がCCFの振幅に大きな影響をもつ。

Neocortical Networks Entrain Neuronal Circuits in Cerebellar Cortex
Hana Ros, Robert N. S. Sachdev, Yuguo Yu, Nenad Sestan, and David A.
McCormick
大脳皮質LFPのslow oscillationを壊すと小脳皮質のLFPのoscillationも消失するが逆はおこらない。麻酔下でも覚醒下でも起こる。neocortical UP stateと同時に小脳Golgiの活動が上がる。Purkinje cellsのcomplex spikingもUPのとき起こる。

Cell
Defining Network Topologies that Can Achieve Biochemical Adaptation
W. Ma, A. Trusina, H. El-Samad, W.A. Lim, and C. Tang
生物学的な適応過程を示すことのできる2つの3ノード回路を同定した。基本はbufferingノードのあるネガティブフィードバック回路とproportionerノードのあるincoherentなフィードフォワードループ。

Science
Dopamine Controls Persistence of Long-Term Memory Storage
J. I. Rossato et al.
ラットで恐怖体験の12時間後にD1アゴニスト/アンタゴニストを背側海馬CA1に投与するとBDNFの調節を介して長期記憶を持続/消去できる。ドパミンはVTAから。VTAのNMDAR活性化が大事らしい。

2009年8月13日木曜日

論文8/13/09

今日は徳島のプレゼンテーションを作っています。

最近の論文から
Informational lesions: optical perturbation of spike timing and neural synchrony via microbial opsin gene fusions
Xue Han, Xiaofeng Qian, Patrick Stern, Amy Chuong and Ed S. Boyden
Frontiers in Molecular Neuroscience
channelrhodopisin-2とhalorhodopsinをP2Aでつないで導入すると同一細胞の活動を青色光と黄色光で精密に制御できる。

Shift from Hippocampal to Neocortical Centered Retrieval Network with
Consolidation
Atsuko Takashima, Ingrid L.C. Nieuwenhuis, Ole Jensen, Lucia M. Talamini,
Mark Rijpkema, and Guillen Fernandez
J. Neurosci. 2009;29 10087-10093
ヒトfMRIでみたface-location association taskで24時間後の記憶固定後は背側海馬の活動が下がり、皮質の活動があがる。

Neuron, August13, 2009
Linking Genetically Defined Neurons to Behavior through a Broadly Applicable Silencing Allele
J.C. Kim, M.N. Cook, M.R. Carey, C. Shen, W.G. Regehr, and S.M. Dymecki
ROSA26遺伝子座にGFP融合したテタヌス毒素軽鎖遺伝子をノックインした。CreとFlpeの2つのリコンビナーゼで発現の細胞特異性があがる。その効果をセロトニン作動性神経の活動を抑制することで示した。

Downregulation of NR3A-Containing NMDARs Is Required for Synapse Maturation and Memory Consolidation
A.C. Roberts, J. Díez-García, R.M. Rodriguiz, I.P. López, R. Luján, R. Martínez-Turrillas, E. Picó, M.A. Henson, D.R. Bernardo, T.M. Jarrett, D.J. Clendeninn, L. López-Mascaraque, G. Feng, D.C. Lo, J.F. Wesseling, W.C. Wetsel, B.D. Philpot, and I. Pérez-Otaño
tTAでGFP融合したNR3AをCaMK2プロモータ下に発現。CA1細胞でLTPの減弱、スパイン密度とシナプス数の減少、場所の長期記憶の可逆的な障害がみられ、逆にNR3A欠損マウスではLTPとシナプス成熟の発達段階における促進がみられる。

2009年8月7日金曜日

論文8/7/09

最近の論文から
Science
Synaptic Integration in Tuft Dendrites of Layer 5 Pyramidal Neurons: A New Unifying Principle
Matthew E. Larkum,1,*,Thomas Nevian,1,* Maya Sandler,2 Alon Polsky,2 Jackie Schiller2
Layer5のdistal tuft dendritesでNMDA受容体によるスパイクが起こる。

Nature
統合失調症のpolygenic variationsに関する論文3報

J. Neurosci
Boundary Vector Cells in the Subiculum of the Hippocampal Formation
Colin Lever,1 Stephen Burton,2 Ali Jeewajee,2,3 John O'Keefe,2 and Neil Burgess3,4
Subiculumで計算論的に予言されてたBoundary vector cellsが見つかった。

2009年8月3日月曜日

論文8/3/09

最近の論文から
Experience-Dependent Gene Expression in Adult Visual Cortex
Jiabin Chen, Homare Yamahachi and Charles D. Gilbert
Cerebral Cortex published online July 1st, 2009
adultマカクV1で両側性網膜損傷後の機能回復(axonal sprouting)にかかわる遺伝子をmicroarrayで調べるとRho GTPaseファミリーなどの遺伝子群が同定される。

Angelman Syndrome Scientific Symposium on the Structure and Function of UBE3A/E6AP
Williams J Child Neurol.2009; 24: 904-908
昨年ボストンで参加したAngelman Syndrome Foundation Scientific Symposiumのレポート。

2009年8月1日土曜日

論文8/1/09

最近の論文から
Science
Flexible Learning of Multiple Speech Structures in Bilingual Infants (Ágnes Melinda Kovács* and Jacques Mehler)
バイリンガルの環境で育てられた赤ちゃんはモノリンガルの環境で育てられた赤ちゃんと同じ時間で2つの言語を獲得する。

Nature
MicroRNA-mediated switching of chromatin-remodelling complexes in neural development(Crabtree lab)
マイクロRNA miR-9とmiR-124によるBAF53aの抑制が神経細胞の分化を促す

Evidence of Xist RNA-independent initiation of mouse imprinted X-chromosome inactivation (Sundeep Kalantry et al)
父性X染色体の不活性化はその上のXistとは無関係におこる

Nature Neuroscience
Prefrontal and striatal dopaminergic genes predict individual differences in exploration and exploitation
線条体のDARPP32とDRD2およびPrefrontal cortexのCOMTがヒトの意思決定の戦略の個人差に関与する